クラス会及び自治委員選出の区割りに関する規則

  • HOME »
  • クラス会及び自治委員選出の区割りに関する規則

制定:令和3年1月12日
施行:令和3年1月14日

(目的)
第1条 この規則は、東京大学教養学部学生自治会規約(以下「規約」とする。)第26条第1項に基づき、クラス会及び自治委員選出の区割りについて必要な事項を定め、少人数クラスが被る不合理の解消に資することを目的とする。

(定義)
第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 少人数クラス 構成員が少人数であるクラスをいう。
二 合同 複数のクラスが、クラス会(規約第21条から第23条に定めるものをいう。)の共同開催及び自治委員の共同選出を行うことをいう。

(少人数クラスの合同)
第3条 少人数クラスは、他のクラスと合同することができる。ただし、合同は強制されない。
2 合同するクラスの構成員の人数の合計は、合同時に50名を超えてはならない。

(合同の提出)
第4条 合同するクラスの自治委員は、選出後三十日以内に合同を理事会に届けなければならない。

(構成員が1名のクラスからの自治委員の選出)
第5条 構成員が1名のクラスが単独で自治委員を選出する場合、自治委員は1人しか選出することができない。

(少人数クラスの現状に関する報告)
第6条 理事会は、構成員が0名又は1名のクラスの有無、及び各クラスの合同の状況について、自治委員会において毎回報告しなければならない。

附  則(令和3年1月12日自治委員会制定)
この規則は、「東京大学教養学部学生自治会規約の一部を改正する規約」の施行の日から施行する。

TEL 03-5454-4344 komaba@todaijichikai.org
窓口開室時間
昼 12:20 - 12:50
夕方 17:00 - 17:40
夜 18:45 - 19:15

PAGETOP
Copyright © 東京大学教養学部学生自治会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

Connected via IPv4